副業はホントに儲かるのか?ブログを続けた結果【20か月の軌跡 】

スポンサーリンク
ブログ運営

わたしはここにいるよ

グーグルさんから完全に無視されているA係長です。

思い起こせばブログを初めてもう1年半以上も経ってしまいました。

月日の経つのは早いものです。

ということで今回はブログ20か月の歩みを振り返っていきたいと思います。

多くのブログを書いている人がやる「ブログを○○年続けたら・・・・」の二番煎じですけれども気にせず書きます。

これからブログを始める人に向けて少しは参考になるのではないでしょうか。

ブログを始めるきっかけは人それぞれだと思います。

  • 給料が上がらないから(むしろ下がった)副業として
  • 楽して稼ぎたいから
  • 会社を辞めたいから
  • 出世の見込みがないから
  • 書くことが好きだから
  • 暇だから
  • ただただ金が欲しいから

まあ理由としては大体こんな感じでしょう。

そして多くの人はこうも思っているハズです。

ブログをチョチョイと書いて月収10万円。

いや30万円。

なんなら100万円。

片手間でブログを書いて人生ウハウハ。

副業で稼いで会社を辞めてやる!

中には

「いやいやカネのためじゃないから」

「書くことが好きで多くの人に読んでもらえたらそれでいい」

そんな人は好きなように書いたらいいのでここでサヨウナラです。

カネが欲しいから書く

そんな人に読んでほしい。

ただ現実はそう甘くはありません。

そんなお花畑の思考をもって始めたら痛い目にあいます。

きょうはそんな幻想を完膚なきまで打ち砕いてみせましょう。

これからブログをはじめる人、最近ブログをはじめた初心者さんはぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

副業はホントに儲かるのか?ブログを続けた結果【20か月の軌跡 】

タイトルは「副業はホントに儲かるのか?」ですがこれを書いている時点で無職のわたし。

本業無職、副業アルバイト、時々ブログ。

ただ書き始めた時は会社員だったので良しとします。

最初に行っておくとブログは儲かる・・・人もいるということです。

そして誰でもおカネを稼げるわけではない。

ブログを書くのは誰でも出来ます。

「今日から俺はブロガーだ」そう宣言すればいいだけです。

来るもの拒まず去る者は追わず

もしあなたが「今日から俺は医者だ」と宣言してもなれません。

なぜなら試験の合格が必要だからです。

試験を受けて合格して初めて医者と名乗れます。

一方ブロガーは宣言さえすればなれるので試験も何も必要ありません。

参入障壁が限りなくゼロなのです。

現在日本のブログ数は2,000万近くあると言われています。

日本の人口が約1億2,000万人。

複数のブログを運営している人もいると思いますからざっくりとその半分としても10人に1人がブログを書いている計算になります。

周りにいるじいさん、ばあさん、おじさん、おばさん、おにいさん、おねいさん、おじょうちゃん、おぼっちゃん。

10人すれ違ったらそのうち1人はブロガーです。

「振り返れば奴(ブロガー)がいる」カオス状態。

東京都の人口が1,400万人。

極端に言えば東京都民が全員ブロガーと言えます。

競争相手がいたらそりゃ儲かりませんがな。

ただブログは先にも言ったように稼げる人は稼げるもの。

これからブログを始める多くの人が知りたいことは

・ブログってホントに稼げるの?
・稼ぐためにはどんなことをすればいいの?
・どのくらい続ければいいの?

こういう事でしょう。

答えは・・・・・

それはこっちが教えてほしいくらい。

もしそれが知りたい人はグーグルさんで「ブログ 1年 継続」「ブログ 収益 100万円」とでも検索してください。

親切な人が教えてくれます。

この記事は「現実を知りたい人」か「底辺ブロガーをあざ笑いたい人」向けです。

ただ一つ間違いなく言えることは稼ぎたい人は私を反面教師としてすればいいという事。

人のふり見て我がふりなおせ

幻想を打ち砕くと言いましたが逆に勇気を与えることになるかもしれません。

 

ここで早くも「副業は儲かるのか」の答えが出てしまいましたがまあ何はともあれ底辺ブロガーの20か月の歩みを振り返ってみましょう。

期間は2020年の8月から2022年の3月までの20か月。

記事数

最初の半年くらいはがんばってほぼ毎日更新していました。

その後は2日に1記事、3日に1記事・・・・とだんだん少なくなっています。

会社を退職したのが2021年3月。

会社員時代より無職期間のほうが記事数が少ないという摩訶不思議。

現在はサボり中でこのままでいくと月5~6投稿になるかもしれません。

月10記事は維持したいところ。

トータル408記事。

月にすると平均20記事ほど書いたことになります。

(ただし2022年3月に100記事くらい削除。現在は276記事)

ジャンルはお金のこと、ギャンブル、とりとめのない話など主に無職の日常という誰得?なくらい人様に何の役にも立たない記事。

まあ雑記ブログという稼げないやつです。

誰でも思いつくこの世に履いて捨てるほどの十羽一絡げのブログ。

稼ぐなら特化ブログということを途中知りましたが知識もないのでもう後戻りはできません。

特化ブログとはその名の通り、テーマやジャンルが絞られた記事を綴るブログです。 雑記ブログと違い、特化ブログは専門性を求められるブログであり、色々な話題をテーマにして記事を書くことは避けられます。

スタートは大事です。

ディープインパクトでもスタートにゲートで躓いたならば勝つことはできないでしょう。

同じことです。

check point

スタートは大事。稼ぐなら雑記ブログより特化ブログ。

訪問人数とPV数

そしてブログの訪問人数とPV数は以下の通りになります。

初めのころは自分でブログを見ていたのでほぼゼロ。

8月~9月なんてほぼ自分です。

誰か読んでくれていると思ったら自分だった。

実質ゼロの離れ小島状態。

誰からも認知されていません。

ただゼロは精神状態に良くないので自分で見て数字を作るのは心の安定につながります。

客観的に見たら意味はありませんけれども。

そして訪問人数、PV数を増やそうと思ったらブログサイトに登録することをおススメします。

ブログ村人気ブログランキングに登録してみましょう。

有難いことに結構見に来てくれます。

「一人じゃないから」

そんなフレーズが頭を駆け巡ります。

check point

最初は誰でも離れ小島状態。訪問人数やPVを増やしたいならブログサイトに登録。

収益金額

お次はみんな大好きおカネの話し。

いったい20か月の間にいくらお金は稼げたのか?

合計収益28,849円。

収益源はグーグルアドセンス、A8ネット、もしもアフィリエイト、Amazonアソシエイトの4つ。

7月に収益が急上昇しています。

バズったか?

しかし訪問人数もPV数もあまり変わっていません。

7月の15,475円の内15,000円はセルフバックという反則技を使っているので実際の収益は475円となります。

セルフバックとは、アフィリエイトサイトを通して特定のサービス利用や商品購入することで、一定の成果報酬を得られるシステムです。

つまり20か月のトータル収益は13,849円ということです。

月平均にすると700円弱。

きょうび小学生でも喜ばないでしょう。

舌打ちされて終わり。

今やっているアルバイトなら1日半で稼げる金額です。

空き缶拾って売ったほうが儲かるレベル。

狂喜というより狂気。

ただ毎日うまい棒は買えます。

だらだらと訪問数もPV数も伸びてきていますが全然稼げていませんね。

まあ基本なんも考えずにちょこっと書いているのである意味当然と言えば当然。

ブログは努力が大事です。

楽して稼ぐは幻想でした。

ここ大事なのでよく覚えておきましょう。

check point

何にも考えずに書いていたら全然稼げない。

ブログ運営を20か月続けたら?

結局ブログ運営を20か月続けたらどうなったのか。

まとめるとこうなります。

  • 400記事くらいになった
  • PV数は月8,000くらい
  • 訪問者は2,500人
  • 月1,500円~2,000円くらいお金を貰える

こんな感じです。

20か月で1,500円は勝ち組

「全然稼げてないじゃないか?」

「カスかよ!」

そう思ったあなた。

反省してください。

理由は以下の通りです。

まず第一にブログは継続するのがそもそも難しいのです。

3か月で2割が書くのを辞め、半年で半分が消えていなくなります。

そして1年後には1割の人しか残っていません。

ちなみにわたしはブログを初めて20か月。

勝ち組です。

日本アフィリエイト協議会が発表した月額アフィリエイト収入によると、月に1,000円以上の収入を得ているアフィリエイトサイトは全体の28.5%に上ると言われています。

逆に言えば1,000円未満が71.5%もいるのです。

ちなみにわたしは月に1,500円~2,000円。

上位30%位に入っています。

完全なる勝ち組です。

上見て暮らすな下見て暮らせ

下には下がいるものです。

あと一つ収益が増える裏技があります。

グーグルアドセンスはドルベースなので円安になると多くお金が貰えます。

他力本願ですけれども円安を願いましょう。

ただし円安になると輸入品の価格が上がって使う時には結局は同じですけれども。

見た目の収入は増えます。

check point

収益1,500円はブロガーでは勝ち組。世間ではカス。

グーグルさんとお友達になれた

ダラダラと伸びている訪問者数とPV、そして収益。

要因はブログサイト登録と検索流入と呼ばれるオーガニックサーチ。

中でも大事なのが検索流入です。

日本ではグーグル、ヤフー、ビングと呼ばれるインターネットサービスからの検索流入が主流です。

特にグーグルさんと仲良くしなければいけません。

20か月でちょっとだけ仲良くなれました。

ブログを始めて半年はほとんど検索流入はありませんが少しづつ増えています。

ただ親友には程遠い扱いです。

「はあ、ちょっと遊んでやっただけで友達づらするなよ」

そんなレベルかもしれません。

どうやったらもっと増えるのか?

人の役に立つ記事というのがデフォルトのようです。

水戸黄門のようになれということでしょう。

日本一周でもしましょうか。

check point

訪問者数とPVを増やすにはグーグルさんと仲良しになる。

人の役に立った記事?

それではグーグルさんから認知された記事を見ていきます。

数少ない記事の中から勝ち抜いた精鋭達です。

第一位

1週間夜だけ豆腐を食べたら痩せるのかやってみた【効果はあるのか】
ネコまっしぐらならぬデブまっしぐらなこの頃です。 無職になってゴロゴロダラダラ。 すくすく育つ体重。 寝る子は育つをまさに実践しています。 このままではだめだ。 以前「1週間夜だけサラダチキンを食べたら痩せるの...

ふざけて豆腐ダイエットを1週間しただけの記事。

ホントに役立ってんのかこれ?

豆腐が良かったのか?

今度は豆腐ダイエット1年でもやってみよう。

第二位

日本は働いたら負けの国【無職やセミリタイアに優しい国】
税金ってホント高いですよね。国民の義務なので払わなければいけないのでで払いますけれども。実際リターンが少なすぎるような気もします。

「ニート最高」「無職最高」という無職の勧誘と推奨記事。

グーグルさんは無職を推奨しているのでしょうか。

第三位

会社を辞めるも地獄!残るも地獄!50代はつらいよ【自業自得か】
昨年から今年にかけて早期退職募集というリストラが行われています。 割増退職金でウハウハ生活。 そんな人もいるでしょう。 でも考えたら企業は損なことはしません。 会社は営利を目的にしています。 慈善事業なら潰れて...

50代で無職のわたしをかわいそうと思ってくれたのでしょうか。

力を入れて書いた記事は全然検索されずに、ちゃちゃっと書いた記事が検索されています。

基準が分かりません。

「OK Google」と今度聞いてみましょう。

雑記ブログを20か月続けて得られたもの

雑記ブログを20か月続けた結果、得られたのは時間消費28,849円

そしてお金を稼ぐ厳しさ

わたしは無職なので世間一般の人よりも自由な時間が10倍ほどあります。

その余りある時間を消費するお手伝いをしてもらえました。

まあその結果生まれたのは「醜いアヒルの子ならずなんの役にも立たない記事」でしたけれども。

1日中ブログ記事を書いていることもありました。

いい時間つぶしにはなりましたね。

はたから見れば時間の無駄な浪費と思われるかもしれませんがそれは聞かなかったことにしましょう。

そして結果が出なければお金は貰えないということ。

極端な話、会社員なら出社すれば給料というお金が貰えます。

しかしブログは書いただけではお金にはなりません。

いわゆるブラック企業の・・・・それです。

いや、ブラック企業でも基本給はススメの涙ぐらいはあるでしょうからまだましでしょう。

ブラックを超えたブラックと言えます。

激詰めがない代わりにおカネも貰えません。

どちらがいいのか。

check point

会社員は激詰めされるけどお金は貰える。ブロガーは激詰めされないけれどもお金は貰えない。

多くの「ブログを○○間続けてたら・・・・」と書いてある記事を読むと諦めなければいつかはうんぬんかんぬんと書かれてあります。

それは幻想です。

ブログを始めて分かったこと。

それはそもそも片手間にそして安易に始めた人は確実にお金は貰えません。

楽して稼ぎたいから

そんな理由では確実に地獄行です。

そもそも本業で結果が出なくて逃げるような人がうまくいくはずがありません。

  • 人より得意なこと
  • 語れるほどの知識
  • 専門性のある職業スキル

といったブログ向きの技術が皆無だと成功しませんね。

「ブログで結果を出すのは本業でも結果を出している」人ではないでしょうか。

 

今日のひとこと

1年半ブログを続けて分かったこと。カネが欲しけりゃグーグルさんと友達になろう。

コメント

  1. deds より:

    この記事が一番役に立ってるんじゃねーの?
    ブログで簡単に稼げる方法教えますって言って読んでみたら結局は役に立つ記事を書きましょうみたいな単なる自慢か?みたいな記事が多くて危うくマウスを投げつけそうになる昨今w

タイトルとURLをコピーしました