早期退職のメリット・デメリット【後悔する人しない人・やっていい人ダメな人】

スポンサーリンク
退職に向けて

昨年からのコロナが原因で早期退職の募集が増えてきました。

今年に入ってもどんどん増えているみたいです。

ニュースでは一部上場企業しか表に出ていませんが、それ以外の企業もあるでしょう。

早期退職募集ならまだいい方で解雇なんてことも多く行われているはずです。

今年もひどい年になりそうですが、早く収束して欲しいものです。

スポンサーリンク

早期退職に応募する事は辞めたほうが良いのか

早期退職募集に手を挙げるのは、辞めたほうが良いと言われます。

石にかじりついても会社に留まれと。

早期退職募集に応募して失敗した等の数々のニュースが流れています。

でも実際はどうなのでしょう。

早期退職募集に応募したら駄目なのでしょうか。

一般的には早期退職は割増退職金など普通の退職よりも優遇されています。

ある企業では何十年分の年収が保証されていることろもあったように記憶しています。

ここまではなかなかないと思いますが、それでもかなりの額がプラスで支給されるのではないでしょうか。

「退職金+割増金」

結構な額になりそうです。

こんな人は見切りをつけて辞めたらいい

私は3月末で退職します。

でも自己都合なので割増金がありませんし、逆に退職金がカットされます。

早期退職の募集をしてくれている企業は羨ましいです。

退職願を書いたら前向きになれた【辞める辞めないは自分次第】
本日退職願を書きました。 退職の日は来年&#12398...

何故辞められるのか

それはこんな条件がそろっているからです。

  • 独身である事
  • 50歳を超えている事
  • 住む家がある事
  • 借金が無い事
  • 5年分の生活費がある事

この条件がそろっていれば、会社は辞められます。

独身である事

養う人は誰もいません。

もし結婚して奥さんや子供がいれば難しいでしょうが、わたしにはそんな人は誰もいないのです。

自分だけ何とかすればどうにでもなります。

失敗しても自分だけが苦しむだけなので、ほかの人には迷惑をかけません。

50歳を超えている事

30代や40代ならまだ先が長いですが、50歳を超えるともう先は長くありません。

年金を貰うまで10数年くらいでしょう(今のままならたぶん)ぎりぎり生きていけます。

住む家がある事

有難い事に住む家があります。

実家にいるからなんですが、家賃を払う必要が無く、家にかかる費用としては固定資産税くらいでしょう。

住む家があれば何とかなります。

借金が無い事

家も自分の物ではないし、車も持っていません。

なのでローンもありません。

ギャンブル狂でもないし、浪費するタイプでもないです。

相続が発生しても大した資産も無いので、相続税もかかりません。

5年分の生活費がある事

5年分くらい生活費を持っていれば何とかなるのではないでしょうか。

※退職金等は含んでいませんこれは老後の最後の砦になります。

実際は2年分くらいあればなんとかなります。

今回のコロナ騒動もそこまでは長引かないのではないでしょうか。

5年分くらい貯えがあれば、新しい事を始めるとしても十分な時間があります。

支出を減らせばもっと長く暮らしてもいけます。

年間100万円くらいでも暮らしている人はいますのでやれば出来るはずです。

早期退職募集に手を挙げても何とかなる

5つの条件がそろっていれば完璧ですが別に4つでも3つでもいけます。

一番いいのは10年分くらい資産を持っている事。

でも無かったら無かったでその時考えればいいのです。

子供が独立していればお金もそんなにかからないでしょう。

借金さえなければどうにかなります。

生活費を見直したり収入を得る方法を考えたりすればいいのです。

サラリーマンは基本何も考えなくても、ただ働いていればお金が月々安定して入ってきます。

でも会社を辞めてしまったならば、お金は入って来ません。

そんな時にその人の「人としての価値」が発揮されるのではないでしょうか。

逆境に立たされた時にその人の真価がわかる

人は逆境に立たされたら、どんなこともできるのではないでしょうか。

犯罪はもちろん駄目ですが、生きる為に何でもできる気がします。

人によっては何か新しいものを生み出すかもしれません。

早期退職募集に迷っている人がいたら、思い切って踏み出してみるのも良いかもしれません。

今日の一言

良い方に考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました