人は何故必要以上に働くのか【仕事とは何なのか働く事の意味】

スポンサーリンク
働く雑談

皆さんは何故働かないといけないのかと考えたことは有りませんかもちろん現実問題として働かないことは生活が出来ないと言う事なのですが、それにしても生きていくための必要以上に働いていると思えてならないのです。

そこまで働く必要ある?

最近特にそう言う思いが増してきて結局私は会社を辞める事にしたのですが。

退職願を出したら気が楽になった【もう二度と後へは戻れない】
退職願を本日出しました 昨日退職願を書い&#12383...
退職願を書いたら前向きになれた【辞める辞めないは自分次第】
本日退職願を書きました。 退職の日は来年&#12398...

皆そんなに働いてどうするの?

この思いが頭の中にずっと問いかけてきます。

生きていくための最低限の仕事だけしていてはダメなんでしょうか。

そんなことしたら世の中発展していかない!どんどん沈んでいく

そう言われるかもしれません。

そうかもしれませんが・・・・・・

何だか納得が出来ません。何でそこまでして働くのでしょう。

いったい働く事ってそんなに意味が有るのでしょうか。

スポンサーリンク

働くことの意味

この前YouTubeを見ていたら就職活動に失敗した人の動画が流れていました。

対策もしたしやるべきことは全てやったのに就職に失敗した。

そんな自分を全否定して

自分はダメな人間なんだ生きている価値が無い

そんな映像でした。

つまり就職に失敗した=働けない=人として価値が無い

と言う感じでした。

ホントにそうなのでしょうかね。

多くの人の意識として「働く事は善 働かない事は悪」それが常識になっています。

人間は先にも述べたように働かないと生活は出来ません。

もちろんそうなんですがそれにしても人は何故そんなに働くのでしょうか?特に日本人はお金があったとしても働いていますよね。

生活に困らなければ働く必要はないのではないかと思いますが考えられることとしては

  • 生きるため
  • 社会的つながりを持つため
  • まわりと同じ行動をすると安心するため
  • 義務が有るため
  • 人より優位に立ちたいため
  • 働く事が趣味

以上の事が有ると思います。

生きるため

当たり前ですが働かないと生きていけません。

大多数の人はこのために働いているでしょう。

でも大昔なら自分が食べる分だけ狩りをしたらあとは働かないそんな感じでした。

今と昔は違いますが今は必要以上にみんな働いています。

そう思いませんか。

朝早くから夜遅くまで必死に働いています。

今日は1月2日なのですが休みの人もたくさんいると思いますが、またそれとは逆にたくさんの人が働いています。

休日だったので市内に出てみたのですがデパートは開いていますし、飲食店もショッピングモールも営業していました。

昔は3が日と言えば多くのお店は締まってましたしそれが普通でした。

誰も文句も言なんて言いませんでしたよね。

それが今じゃ24時間営業や年中無休が当たり前になっています。

会社は効率を求めて社員数を減らしているにも関わらず、働く時間は増えていきそのしわ寄せが社員にきています。

でもみんな文句も言わず(言ってるかもしれませんが)働いています。

生きていくためだけならそんなに働く必要はないと思うのですが。

社会的つながりを持つため

人は一人では生きてはいけません。

何かしらの繋がりをもっていなければ生活をする事は出来ないでしょう。

中には一人でも生きていけると言う人はいるかもしれませんが、会社に属していれば社会的なつながりができ、そのために働くそんな一面があると思います。

まわりと同じ行動をすると安心するため

私はこの理由が一番だと思うのですが!

人は働く事を善とし働かない事を悪とみなします。

まわりの人が働いているから働くそして働かない奴は異端と見られます。仮にたくさんのお金を持っている若者が無職で平日からフラフラしていたら皆こう思うでしょう。

「いい若いものが働きもせず毎日フラフラして遊んで」

また仕事を辞めると言ったらみんな同じことを言います。

「辞めてどうするの?羨ましいね~」

羨ましいんだったらすればいいのにと思いますがそうしません。

だってみんな働いてるのに自分だけ違う行動をしたら不安ですもんね。

でも生活できるんだったら働かない自由が有っても良いじゃないですか。

義務が有るため

「すべての国民は勤労の権利を有し、義務を負う」

日本国憲法にわざわざそう記されています。

まあ義務と言っても働かないからと言って罰則なんか有りませんが。

でも国は国民に働けと言っているわけですよ。

おいお前ら働けよ

そう言っているのです。

働かない者=非国民なのです。

働いて国にたくさんの税金を納めてもらわなければ国は滅んでしまいますから当然と言えば当然なんですが。

人より優位に立ちたいため

必死に働いてたくさんのお金を稼ぐ。

その結果色々贅沢が出来て優越感に浸ることが出来る。

どうだ良い暮らしが出来て羨ましいだろう

他の人と比べて優越感に浸り満足する。そんな感じでしょうか。

日本人って他人と違う行動をしていたら不安になるくせにこう言う所だけは違うんですよね。

だってブランド品なんてみんな同じようなもの持ってるじゃないですか。

人が持っているものを持ってると安心するからだと思いますよ。

働く事が趣味

こういう人もいますよね。

特に年配の人が多いと思うのですがこれって・・・・

もっと他に趣味は無いのでしょうか。

何が楽しくて働くのか全く分かりません。

もっと他に有るんじゃないですか?一生働く事なんて考えられませんよ。

最後に

最初は生きるためにみんな働くわけです。

でも生きていけるだけのお金が出来たとしても働き続けています。

早期退職やセミリタイヤなんてごくわずかの人たちです。

将来の不安も有るかもしれませんが、

結局みんな人と同じことがしたいのです。

人が働くから自分も働く。

まわりから異端の目で見られたくないのです。

働きたくないと思ってもそれは出来ない。

だって他人から白い目で見られてしまうから。

働くこと自体に意味は無くてただただ惰性で働いているだけなのです。

そして定年まで働いてやっと仕事から解放される。

そこでみんなから長い間ご苦労様でしたと認めてもらえるのです。

これってホント馬鹿らしいことだと思います。

そんな生き方真っ平御免ですよ!

今日の一言

自分らしく生きればいいんじゃないの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました